肝実質のエコーパターン不整の原因としては、肝実質病変以外にびまん性腫瘍浸潤がある。
転移性肝腫瘍の場合は、肝臓の腫大が著しいことや、臨床経過などから診断は容易である。

肝両葉に直径3cm大までの腫瘤が多発している.
結節びまん型と呼ばれる肝細胞癌の像である.
門脈左枝水平部から臍部の内腔には,腫瘍塞栓が認められる.

 

肝両葉に無数の転移が生じた肺癌の症例である.
超音波上では個々の腫瘍がはっきりせず,肝実質の著明なムラとして描出されている.
肝内の門脈枝の圧排がみられる.


企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所