肝実質のエコーパターンは、「粗さ」が慢性肝障害により破壊や再構築をきたした肝実質を反映した所見である。B型肝炎や日本住血吸虫症では特徴的なパターンを示すことがある。

B型肝硬変症では肝の全体像は比較的整った形状を示すが,肝実質は粗く,増加した結合織の織りなす模様が小さな網目状になる場合がある. これをメッシュパターンと呼ぶ.

 

日本住血吸虫症の症例の,肝左葉の心窩部縦断像である.
肝内には網目状(亀甲状)の線状高エコーが認められる.
門脈域の石灰化した虫卵や線維化を反映する所見である.


企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所