肝内の血管は周囲肝組織の線維化の進行により、蛇行や狭小化が見られる。そのほかにもうっ血の所見である肝静脈の拡張や、シャントによる部分的な拡張、血管内の所見としては腫瘍塞栓や血栓などがある。

右心不全に伴う,うっ血肝の所見である.
肝静脈と下大静脈の拡張が著明で,右肝静脈には分枝の拡張も認められる.
深呼吸しても静脈径の変動はほとんどみられない.

 

びまん型肝細胞癌に見られた門脈腫瘍塞栓の超音波像である.
門脈左枝水平部から臍部の内腔に,肝実質と同等のエコーレベルの実質像が充満している.
門脈腫瘍塞栓は,肝細胞癌で多く見られる.


企画・制作:超音波検査法フォーラム
協賛:株式会社日立製作所